2008年12月12日

「レヴォリューション革命」大林剛士

independent_blog_takeshi.jpg


「レボリューション革命」
出演 大林剛士(ハンマーブロス) [from大阪]
作・演出 土橋淳志(A級MissingLink/ハンマーブロス) 

―でも本当のことなんだ。信じてもらえないかもしれないけど。ある冬の晴れた日の病院の屋上。死期の迫った男が語る謎めいた物語。双子の失踪事件、新聞の切り抜き、不可解な悪戯、暗躍する素人探偵。2006年11月初演作品(大阪/ in→dependent theatre 2nd)。関西を拠点に活動する実力派俳優・大林剛士と気鋭の劇作家・土橋淳志のユニット「ハンマーブロス」による純一人芝居。


×××

出演
大林剛士

1973年11月8日生まれ。岡山県出身。血液型はA。大学入学で大阪に上阪後、役者を志す。劇団展覧劇場、南河内万歳一座を経て、1997年5月、TANTRYTHM旗揚げに役者として参加。2002年12月の解散まで、全ての公演に出演。解散後、フリーの役者として関西を中心に活動中。

作・演出
土橋淳志(A級MissingLink/ハンマーブロス)
大阪を拠点に活動するA級MissingLinkにて作・演出を担当。関係性を重視した丁寧な演出と、知的エンターテイメントを自称する劇作に定評がある。若手演出家の全国大会、若手演出家コンクール2002において最優秀賞受賞。悲劇喜劇2007年8月号「特集・気になる演劇人」に取り上げられるなど今注目の劇作家・演出家である。

posted by office-over at 12:00 | TrackBack(0) | 作品解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。